オミクロン対応型ワクチン(BA1)になります

現在コロナワクチン、インフルエンザワクチン接種予定はありません。

          リニックへの直接のご連絡は訪問診療に支障がでますのでご遠慮ください。

間違い電話が大変多くなっております。必ず電話番号をご確認いただいたうえでおかけいただきますよう、よろしくお願いいたします。

当院は待合が狭いので密を避けるため、接種予定の方は※※予約時間の5分前に当院へお越し下さい※※ 

※※15分以上前に来院された場合外で待っていただかなくてはいけない場合がございます。※※ 

※※当院駐車場がございません、公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください※※  

院長 宮崎 良平

当院の治療

頭痛診療

当院では脳神経外科専門医による頭痛診療を行っております。

頭痛には大きく分けて緊急手術の必要のない一次性頭痛、緊急性の高い二次性頭痛に分かれます。

来院される患者さんの約90%は、明らかな原因のない一次性頭痛
:片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛(三叉神経自律神経性頭痛TACS)、その他の一次性頭痛(運動時頭痛 新規発症持続性連日性頭痛 睡眠時頭痛など)、薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)、起立性調節障害。
一次性頭痛は、国際分類に従った正確な診断とフォローアップを行います。

来院患者さんの約10%は、頭蓋内になんらかの原因がある二次性頭痛
:脳卒中(くも膜下出血 椎骨動脈解離など)、可逆性脳血管攣縮症候群(入浴頭痛など)、低髄液圧症候群、  キアリ奇形による頭痛、蓄膿症、緑内障、感染症による頭痛(髄膜炎 帯状疱疹など)、特発性頭蓋内圧亢進、  脳腫瘍など
二次性頭痛は、正確な診断と原因に対する治療が必要です。

一次性頭痛に関しては頭痛の頻度や、タイミングなどを問診し内服薬を投与し経過を見ます。まれに市販薬を大量に使用しているにも拘わらず頭痛が改善しない方がおられますが、そのような方には漢方を用いた治療も併用して行っております。解熱鎮痛剤、トリプタン製剤、漢方薬、ヒト化抗CGRP モノクローナル抗体製剤 を用いた薬物治療を行っております。

診療に関してご質問がございましたら、是非ご連絡ください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。